記事の詳細


こんにちは!そして初めまして!
プレイジョブのカメラマンこと、りじゅーです!

早いものでカメラを始めて、もう4年が経とうとしています。
楽しいことをやっていると時間があっという間に過ぎていきますね笑


さて、みなさん、一眼レフを満足して使えていますか?
たくさん用語とかがあって、なかなか難しいですよね(-_-;)
みなさんと同じように僕も使いこなせるまでかなり時間がかかりました…

でも、安心してください!
これからカメラ用語の意味やもっと楽しむ方法をお伝えしていきます!
でも知ってしまうと今すぐ写真を撮りに行きたくて仕方がなくなるので、読むタイミングに注意してくださいね笑


気になる今回のテーマですが、、、
ズバリ!「ISO感度」です!

「言葉だけなら見たことがある…」「カメラは全部オートモードです…」

そんな声が聞こえてきますね~笑

大丈夫です!

ISO感度という言葉の響きだけが難しいだけで、中身はとっても簡単です!
なのでこの言葉の意味と使い方を紹介したいと思います!
これを知ってるだけでカメラスキルが一気に上がっちゃいますよ(^^)

ではワクワクなフォトライフを送るために一緒に仕組みを理解していきましょー!

※設定や用語はNikon D5200を基本に記載しております。カメラのメーカー・機種によって異なる場合がございますのであらかじめご了承ください。
 

◆ISO感度ってなに?

%e6%9c%80%e5%88%9d-%e6%94%b92

ISO感度とは「カメラの光を感じとる能力を数字にあらわしたもの」です。
数値が高いほど感度が高く、数値が低いと感度が低いということになります。

つまり!ISO感度を上げることによって少ない光で撮影ができるのです!
これによって夜などの暗い場所でも手振れを無くすことができます!
とっても便利ですよね(^^)

そしてISO感度の数値は、「100~6400」が一般的です。
最近では「6400」以上の数値もよく見かけるようになり、なかには「102400」まで上げれるという怪物じみたカメラも出てきています(笑)
いやはや、素晴らしい技術力・科学力です。

気になる「ISO」の読み方ですが、「アイ・エス・オー」もしくは「イソ」のどちらか言いやすい方で大丈夫です。
これ以外の読み方もあるのですが、ごく少数です。
なのでほかの人に伝わらない可能性がありますから今回は省略しますね(^^)


【ポイント】
・ISO感度とはカメラの光を感じ取る能力のこと
・ISO感度が高い=高感度
・ISO感度が低い=低感度
・ISOの読み方は「アイ・エス・オー」か「イソ」

 

◆ISO感度を上げたり、下げたりするとどうなるの?

first-600x400

先ほど書いたようにISO感度を上げることによって

〇暗い場所でも少ない光で明るい写真撮ることができる
〇光が少なくても手ブレや被写体のブレが少なくなる

といったメリットがあります。

うん、なるほど、やっぱり言葉だと難しいですね(笑)
というわけで、これを図と写真で見てみましょう!

%e8%a8%98%e4%ba%8b1%e3%80%80%e8%b3%87%e6%96%99-600x400

図で見るとわかりやすいですね(^^)

◇ISO感度を上げてみる

ブレの具体例で見てみましょう。

iso%e6%af%94%e8%bc%83%ce%b1%e3%80%80%ef%bc%91%e6%94%b92

                ISO400

iso%e6%af%94%e8%bc%83%ce%b1%e3%80%80%ef%bc%92%e6%94%b92

                 ISO1600

どうでしょうか?
ISO感度を400から1600に変えるだけでずいぶん違いますね!
ISO感度を上げることでシャッタースピードが速くなりブレを軽減することができるのです。

手ブレのせいでせっかくの写真がダメにならないよう気を付けましょう!

◇ISO感度を下げてみる

では逆にISO感度を下げるとどうなるのでしょうか?
まずこれから2枚の写真をお見せします。

iso%e6%af%94%e8%bc%83%ce%b5%e3%80%80%ef%bc%92%e6%94%b92

iso%e6%af%94%e8%bc%83%ce%b5%e3%80%80%ef%bc%91%e6%94%b9%ef%bc%92

ここで問題です!
この2枚、どちらが高感度で撮影したものでしょう?

 

正解は①が高感度で撮ったものです。
ISO感度を6400にしています。

見比べると①のほうがものすごく明るくて白い部分が多いですよね。
そして明るすぎて見にくい印象を受けたのではないでしょうか?

その時はISO感度を下げて撮ってみましょう。
②のようにバランスの取れた写真になります。

「なんか白い部分が目立つなぁ…」と思ったらISO感度を下げて撮ってみるといいですよ(^^)


【ポイント】
・「光が足りない!」「写真がブレてる!」と感じるときはISO感度を上げてみましょう!
・写真が明るすぎるときはISO感度を下げる!

 

 

◆ISO感度の設定方法

second

ここからはISO感度の設定の仕方を見ていきましょう!
僕の最高の相棒であるD5200を使って手順をご説明します!


ISO感度を設定するには、まずインフォボタンを押して液晶での操作を行います。

%e6%8c%bf%e5%85%a5%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%91

この黄色で囲ったボタンがインフォボタンです。
これを押すと、次のような画面になります。

%e6%8c%bf%e5%85%a5%e5%86%99%e7%9c%9f2
現在は写真の画質設定を変える部分にいますので、ここからISOの設定できる場所へ移動します。

下の写真のように、オレンジ色で囲った矢印のレバーを使って、上の列の一番右側へ移動させましょう。

%e6%8c%bf%e5%85%a5%e5%86%99%e7%9c%9f3

ここを使って…

%e6%8c%bf%e5%85%a5%e5%86%99%e7%9c%9f10

カーソルを右端に移動させます。

 

%e6%8c%bf%e5%85%a5%e5%86%99%e7%9c%9f4

右端に移動できましたか?
ここがISO感度を変更するところになります。

 

次にさっきのオレンジ色で囲った部分のOKボタンを押しましょう。

%e6%8c%bf%e5%85%a5%e5%86%99%e7%9c%9f5

するといっぱい数字が出てきますね!
これがISOの数値です。

例えば400のところをOKボタンで押すと、ISO感度が400に設定されます。
下の写真を見ながら一度やってみましょう!

%e6%8c%bf%e5%85%a5%e5%86%99%e7%9c%9f7

ここをOKボタンで押すと…

%e6%8c%bf%e5%85%a5%e5%86%99%e7%9c%9f8

ISO感度が400になりましたね(^^)

カメラによって設定できる数値は異なる場合があります。
僕の相棒、D5200はISO感度を6400まで設定できます(^^)

%e6%8c%bf%e5%85%a5%e5%86%99%e7%9c%9f6

Hiと書かれてある部分は画質がかなり下がってしまうので、基本普段は使いませんし、おススメしません(笑)

 

※Canonの場合はISO設定ボタン、ペンタックスの場合はメニューボタンのようにメーカーによって設定手順は異なりますから取扱説明書のISO感度のページでしっかり確認しておきましょう!

 

◆ISO感度と画質の関係には要注意!

iso%ef%bc%86%e7%94%bb%e8%b3%aa%ef%bc%91-%e6%94%b92

さてここまではISO感度を上げることで暗い場所で写真が撮れるとお伝えしてきました。
しかし!そこには大きな落とし穴があるのです!

みなさん「ノイズ」を知っていますか?

おそらく音のノイズを想像した方が多いかと思います。
そのノイズ、写真にも存在するんです!

◇ノイズが発生する原因

次の2枚の写真を見てください。

どちらの方が画質がきれいでしょうか?

iso%e6%af%94%e8%bc%83%ce%b3%e3%80%80%ef%bc%91%e6%94%b9 iso%e6%af%94%e8%bc%83%ce%b3%e3%80%80%ef%bc%92%e6%94%b9

どうですか?まだなんとも言えないって感じですね(^^;
ではさらに拡大してみましょー。

iso%e6%af%94%e8%bc%83%ce%b4%e3%80%801 iso%e6%af%94%e8%bc%83%ce%b4%e3%80%802

拡大してみるとよく分かるのではないでしょうか?
上の写真はきれいですが、下の写真はざらざら感が出てて汚いですよね(^^;

これがノイズです。

そしてなんと!
ISO感度が高ければ高いほどノイズは激しくなってしまい画質が悪くなってしまいます!
しくしく(ノД`)・゜・。

つまり、ISO感度を上げれば暗い場所で写真を撮ることができるようになるのですが、
逆に感度を上げれば上げるほど、ノイズが発生し画質が悪くなってしまうのです!

これがISO感度の落とし穴です!
怖いですね(笑)

落とし穴に勢いよく飛び込んでいかないよう、注意してくださいね!

 

◇ISO感度・ノイズ・画質の関係

図にまとめてみました。

%e8%a8%98%e4%ba%8b1%e3%80%80%e8%b3%87%e6%96%992

%e8%a8%98%e4%ba%8b1%e3%80%80%e8%b3%87%e6%96%993-%e5%8f%8d%e8%bb%a2%e6%94%b9

ただ使用するカメラによってはノイズの激しさは変わったりします。
ノイズに強いカメラがあったりしますので(;゚Д゚)

また写真のサイズによってもノイズの見え方は違います。
「A3のサイズで写真をプリントする!」となるとノイズが気になってきますが、SNSに投稿する程度であれば気にならないことが多いです。

そのため、自分が許せるノイズの程度を決めておくことをおススメします!
そうすればISO感度をミスなく決めることができますよね(^^)


【ポイント】
・ISO感度を上げると、暗い場所でも明るい写真が撮れる
・ISO感度を上げると、ノイズが発生やすくなり画質が荒くなる

 

◆最後に

last

いかがでしたでしょうか?
機能一つ知るだけで撮影の幅は大きく広がります。
これがカメラの深みにはまっていく理由の一つですね(^^)

ISOに関しては夜景撮影ができるようになりますから、楽しさがまた広がります!
僕なんかは夜景撮影が楽しすぎて帰るころには「あ!日付が変わってた!」なんてことがあるくらいです(笑)

みなさんも楽しみながら、でも時間には気を付けて(特に女性の方!)撮影してくださいね!


最後まで読んで下さってありがとうございました!
みなさんのお役に立てたのなら幸いです。


The following two tabs change content below.

カレンダー

2017年5月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る