記事の詳細


こんにちは♪プレイジョブには子連れ出勤をしている、ワクワクママののんちゃんです!

この記事をご覧になっているということは・・・ご結婚が決まっているのでしょうか?(ワクワク)
おめでとうございます!!!
結婚する前にやっておきたい事や身につけておきたい事はありませんか?
夢で見た結婚生活もワクワクしますが、独身の今はとっても貴重な時間です。

ここではそんなあなたのために、結婚生活をもっともっとワクワクしたものにするための、『結婚する前にやっておくといいことを10』を紹介しています。
これをやっておくと、あなたはもう結婚マスター!(笑)
ちょっとしたパートナーの「へっ?」も「はい?」も気にならず、お互いがワクワク楽しめるそんなハッピーライフが待っている事でしょう♪

ぜひぜひ参考にしてみて下さいね♪私の経験&独断も入り混じってまーす(笑)

10のやっておくといいこと

544931630e5d352d556073c7a7cff75a_s

ここからは、結婚してからこんなはずじゃなかった・・・と思わないために、やっておくといいかもと思うことを10個紹介していきます!

①同棲

c10ac6d81c2fda35136d54858c694e83_s

これは、やっておくといいことの中でもかなり優先順位は高いです。
なぜなら、パートナーの本当の姿が垣間見えるから。

お付き合いしている時は、パートナーに良く見られたい一身でなかなか本心は見えないものだったりします。
特に家での生活スタイルは分かりませんよね。

例えば・・・身なりはとってもキレイにしていても、実は部屋の中は物であふれ返っていて、片付けのできない人かもしれません。(うちの旦那氏がそうでした・・・。)


ご飯の品数にうるさい人かもしれません。(うちの旦那氏は汁物は絶対マスト!な人でした・・・。)


寝相がめちゃ悪くて、いびきも相当ひどいかもしれません(私は寝ている時に何度かエルボーをくらいました 汗)

2~3日くらいならお風呂に入らなくても平気な人かもしれません。

気に食わないことがあると暴力を振るう人かもしれません。

他にも色々あるとは思いますが、つまりは「えっ・・・」と思うような事に出くわしてもそれを受け止められるのか、という事です。
(あ、でも一つ誤解を解いておくと、決して粗探しをする訳ではありませんよ!)
せっかく好きになった人と結婚するんだから、結婚してからあれこれ聞いてないよ~!な事に出くわしてしまい、離婚!なんて事になるのも悲しい話ですしね。

ポイントなのは、“ガマン”ではなく“許せる”かです。
ガマンはいつか限界が来ますからね。

同棲は、パートナーのあれこれ全て愛せられるか、パートナーに対するあなたの好き度を計る一つのモノサシになります。
一度試してみてはいかがですか?

②結婚してから住む場所を話し合う

fe7d99e7ab07b13e471ebf26d8426d5a_s

結婚してからも働くのあれば、新居探しで結構重要なのは自宅から勤務地までの時間。
これは、結婚してからも働くという意志をパートナーに伝えている事が前提となるところでもありますが、お互いの勤務地までそう遠くない、または通いやすい場所を選ぶ事をオススメします。

私の場合、結婚した当初は旦那氏は神戸の元町、私は大阪の上本町で働いていました。
そして新居に選んだ場所は、尼崎。
丁度、中間辺りを取りました。
そこから沿線もお互いが便利に通える沿線を絞っていき、新居を決定した流れでした。

流れをまとめると・・・
①お互いの勤務地の中間地域を探す
②最寄り駅のピックアップ

③お互いが便利に通える沿線を選ぶ
④その地域から物件選び
⑤家賃と間取りなどの条件で絞る

という感じです。

そしてそして、何よりももっともっと重要なポイントがあります!
それは!!!あなたの実家の近くを選ぶ事ーーーー!

特に子供が生まれた時や、困った時に助けてくれる人がいると本当に心強いです。
実母だとより頼みやすいですしね。

旦那さんとケンカして頭を冷やしたい時に、すぐに実家に帰れます(笑)

もちろんここは実家だけじゃなくて、“頼れる人”でもいいと思います。

結婚してからモメないように、事前に住む場所をすり合わせておく事をオススメします!

③結婚後のルール

36ad3a495b0f6247781512f84fd98ef8_s

結婚して一つ屋根の下で共同生活がスタートすると、あなたの好きなタイミングで生活する事が難しくなる事もあります。
特に奥さんになるあなたは、仕事にプラスして家事もこなさなくてはいけません。
子供が生まれたら更にバタバタして、朝は戦場です(笑)

仕事も家事もして、てんやわんやして来ると、いつか爆発してしまう時がやって来ます・・・。
そうなる前に、あらかじめ夫婦でルールを決めておく事をオススメします。

例えば・・・ごみ捨ては旦那さんの担当。

毎週金曜日は2人で夕食を作る。

夕食後の後片付けは旦那さんの担当とか。

うちの場合は、当時お互い仕事も忙しく家には寝に帰って来ているだけ~というような毎日でした。
そんな毎日でも、家事は私の仕事・・・というのが当たり前になっていたので、イライラする事も多く途中から完璧にはできない!と痛感。

ただうちは、旦那氏があまり家事が得意ではない事から、手伝ってもらうというよりも、私が“手を抜く”事に対して文句を言わない!という感じに仕向けました(笑)

仕向けて暗黙のルールっぽくした内容を紹介すると・・・

・洗濯物は溜まってからする
・掃除は休みの日だけ
・ご飯が作れない、または作る気分になれない時は、できあい物や外食OK
・ごみ捨ては旦那氏が担当

そして、「やってくれると本当に助かるわ~!」とか「○○は理解があるから嬉しいわ~!」と何かやってくれるごとに感謝の言葉を伝えると、効果抜群です(笑)

ルールと言っても自分本位だったりお互いがガマンする物ではなく、パートナーを思いやって感謝し合えるものがベストだと思います。
お互いが納得できてハッピーなルール作りをしてみてはいかがでしょうか。

④価値観すり合わせ

42163cd4598a37f2f656e0421beb0134_s

結婚して家族になると、結構大切なのは“価値観”です。

例えば・・・結婚しても働く事に賛同してくれるのか。

子供はいつ、何人欲しいのか。

子供にはどう育って欲しいのか。などなど・・・。

私達夫婦は特に、子供が欲しい時期についてはズレがありました。
私は、31歳で結婚したので年齢的な事を考えると、すぐに欲しかったんですが、旦那氏は結婚3年後をイメージしていました。
結果的に不妊治療をする事になったので、授かったのは3年後だったんですけどね(笑)

私達夫婦の場合、子供ができにくい事を早くに分かったのもあって、すぐに妊活に踏み出せたから良かったんですが、のんびりしていたら今もまだ子供がいなかったかもしれません。

子供ができると生活はガラリと変わります。
結婚してからの2人の生活について、ある程度プランニングしておくと将来のワクワク度もUPしますよ♪

私達夫婦は、子供が欲しい時期の価値観にズレがあったので、コレを教訓に子供が生まれてからでしたがプランニングをしてみました。

やり方は、お互いの夢ややってみたい事を付箋に書き出していって、作成した年表にいつ達成したいのかペタペタ貼っていきました!

どんな事でもOKです!
ちなみに私は・・・

・仕事を復職する!
・家族で○○に旅行に行く!
・2人目誕生!
・マイホーム購入!

とかを書きました。
小さな事でも明確にしておくと、それに向けて自然と行動ができるようになったような気がします♪
もちろんプランニング通りにいかない事だってありますが、それでも良いんですよ!

ちなみに、

娘の1歳の誕生日に家族でアンパンミュージアムに行く!
家族でUSJに行く!
家族で沖縄旅行に行く!
仕事に復職する!

は夢が叶いました~(わっしょーい)

言ってしまえば他人同士の結婚だから、価値観が違って当たり前。
でもお互いが楽しみながら、良い意味で妥協し合う関係もとてもステキだと思うのです!

価値観をムリに合わせるのではなく、夫婦生活をワクワクさせるためのプランニングをしてみてはいかがでしょうか~♪

⑤パートナーの両親のことあれこれ

8734bcbfc33bd67384b34afdec31131f_s

付き合っている時との大きな違いは、結婚=親族とのお付き合いです。
ほとんどの女性は結婚すると男性のお家に嫁ぎますよね。
パートナーの姓になり、家族になる訳です。
これからあなたの父と母になる人とどのように家族になっていくのか、結婚する前に考えて(覚悟とも言う 笑)おくと良いです。

私は、旦那氏とのお付き合いは6年と長かったんですが、なかなかご両親に会う機会がありませんでした。
会ってゆっくり話したのは、結婚する1年前くらいじゃないでしょうか~。

初めて会った時はカチンコチンに緊張したのを覚えています。
幸いに2人とも優しくて、良い意味でサバサバしてて、とても話しやすかったので安心したのを覚えています。

ただ1つだけ盲点だった事は、本家やら分家やら私の未知の世界がそこにはあったという事。
幸い(?)にして本家ではなかったんですが、旦那氏の実家のご近所さんは同じ苗字が目につく・・・。
つまり、一族の集落だったのです!(わーおー)
しかも旦那氏は長男。(妹が2人いますが嫁いでいます)

はい!跡継ぎだったのでーす。

将来的にはその家に入り、同居という文字が頭をよぎりました。
言われはしないけど、子供も大人の事情で男の子を期待されているプレッシャーも感じました。
現に娘を妊娠した時に、やたらと性別を気にしているなと思いましたから(笑)

そんな事が結婚してから分かったのです(笑)

うちの場合は、マイホーム購入の夢があるので同居はしない方向になりつつありますが、絶対同居!な場合は、結婚する前に分かっておいた方が良いですよね・・・。

ずっと良い関係を築いていきたいと思うなら、近すぎず離れすぎずの関係がベスト。
うちは、旦那氏の実家が程よく遠い(電車で1時間半くらいの距離)のもあって、ちょくちょく会う事はありません。
だからその分気をつけている事があります。

・誕生日や母の日、父の日のイベントは必ず贈り物をする。
・お盆やお正月などの長期休暇がある時は、帰省する。(泊まりで帰省した事もあります)
・帰省した時、家に上がる時は「おじゃまします!」ではなく「ただいま!」と言う。(コレ結構ポイント)
・娘のフォトアルバムを作成してプレゼントする。
・娘の誕生日会に招待する。

お父さんとお母さんの事、大切に思っていますよ~というのをさり気なくしています。

ちょっとした事ですが、気持ちを伝える事で良い関係が保てるように思います♪
私の経験上、始めはお互い緊張する事もありますが、ご両親を大切にする思いを忘れなければ、必ず良い関係が築けるはず。
だって、大好きな人のご両親です。好きにならないはずがない(はず)!

楽しい結婚生活をするための準備!と思って、パートナーにご実家の話を詳しく聞いてみてはいかがでしょうか。

⑥ブライダルチェック(健康に妊娠できるかのチェック)

acd3dbae5b2b5e64cd2a3e2d109f05bc_s

これは何かと言うと、聞きなれない人だと式場探しの事と思ったかもしれませんが、子供を授かる事ができる健康な体であるのかを婦人科でチェックする事なんです。

私はこの存在を知ってはいたものの、当時の自分には関係ないと思ってチェックはしていませんでした。
だから結婚後に不妊治療をする事になってしまい、子供が欲しいと思った時にすぐに授かれない状況に置かれました。
そんな経験があるからこそ、これから結婚・妊娠を控えている人には受けて欲しいのです!

このチェックは、あなたのためはもちろんですが、パートナーや将来生まれて来る子供のためにとっても、とても大切なものです。

何をチェックするのかと言うと・・・

・HIV・クラミジア・カンジタなどの感染症の有無
・子宮がん・卵巣腫瘍など出産に影響を及ぼす病気の有無
・その他健康状態のチェック

保険が適用されず自己負担になってしまうので、費用が掛かってしまうのですが、何もなければ安心できますし、万が一何か見つかったとしても早期発見ができて出産までに治療する事が可能です。

費用は、検査内容やクリニックによって違うと思うので問い合わせは要ですが、2万円~4万円くらいが相場だと思います。

妊娠するためだけに関わらず、これから先健康に過ごしていくためにもブライダルチェックは受けておくことはオススメ。
知らないうちに思わぬところに病気が見つかるかもしれませんしね。

今はパートナーと一緒にチェックを受けるカップルも増えているそうですよ。
将来のために、ぜひお2人でブライダルチェックを受けてみてはいかがでしょうか!

⑦自分磨き・習い事

2eeaa1d9f421041282953b5c4598babf_s

私の場合、結婚する前にやっておけば良かったな~と思った事は、“料理の勉強”でした。

一人暮らしをするまで、特に料理をする事もなく実家でのんびり過ごしていた私。
むしろ自分はできると、変な自信もありました(笑)
でもいざフタを開けてみたら・・・全然できないではないですか!!!

野菜と肉を刻んで炒めて煮て、カレールーを入れて煮込むだけの、あの簡単なカレーですら失敗していたんです、私(笑)

あの段階でもし料理教室に通って勉強していたら、今頃レシピ本を見なくても手際よくご飯が作れていたと思います・・・。
トントントントントントントントン!!!!とスピーディに切る包丁の音、めちゃ憧れます。

今ではさすがにカレーは作れますが、私オリジナルの料理は数少ないです・・・。
いつかクック○ッドに投稿できるくらいになりたい。

私は料理教室でしたが、結婚後にも役立ちそうな自分磨きや習い事は何か、私なりにピックアップしてみました。

・料理教室(愛する旦那さんや子供に美味しいものを食べさせたい~)
・裁縫教室(保育所や幼稚園は、ママの手作りグッズ必須ですよね~)
・着付け教室(自分もですが、子供に浴衣を着せる時が来るかも~)
・習字(字がキレイな女性ってステキです~)
・資格取得(仕事にも活かせるかも~)
・パソコン・WEB(今の世の中マストですよね!極めればネットで仕事できちゃうかも~)

もちろん他にも色々あると思いますが、何よりも自分がワクワクする事が一番の自分磨きになると思います♪

子供が生まれて自分の時間がなくなると、必ず「あの時これやっとけば良かったな~」と思う時が来ます。ほんとに。

“今”の時間を大切にして、“今”をめいいっぱい楽しむ事をオススメします!

⑧旅行

8287028cbc19fa49d4eeb5dfe9c26764_s

あなたのタイミングで好きな時に、好きな人(友達や家族なども)と好きな場所へ旅行できるのはもしかしたら今がピークかもしれません。
長期で行くような海外旅行は特に!!!

結婚すると、長期で家を空けるのは気が引けますし、何かと家の事が気になったりもします。
私の場合、旦那氏は散らかしの名人なので、家の中がひっくり返る事が一番気になっていました(笑)
現に、産後1ヶ月実家に帰っていた時は、ドロボーが入ったんじゃないかと思うくらいになっていましたから。

そして子供が生まれると、小さいうちは色々とややこしいので、長距離の移動を伴う旅行はかなり気合がいります。
海外旅行なんてしばらくできませんよ(涙)

娘が1歳になりたての頃、家族で沖縄旅行に行きました。
飛行機の中では、機内誌を投げ、おやつを投げ、とりあえず何かを投げては隣の方にめちゃ迷惑を掛けました。
歩き出した頃なので、もちろんじっとしている訳もありません。

「ムリだ。飛行機。」(遠い目)

そう確信したのを覚えています。
3歳くらいまでは、1人でずーっと歩ける体力もないし、思い通りにいかないとギャン泣きします。
ある程度ふんべつのついてくる4~5歳くらいまで待たないといけなくなるのではないでしょうか。

そういう事を考えると、自由に動ける今を逃してはいけません!

パートナーだけでなく、友達や家族との思い出作りも大切な宝物。
もちろん一人旅でも良いと思います!

今あるあなたの時間を大切にして下さいね。

⑨貯金

15286ccfca249ca04a6e5f6d1b15b77e_s

結婚するまでも結婚式でお金がかかります。
結婚してからもずっーとお金が必要になります。

私達夫婦は、同棲している時から毎月2人で貯金をし始めました。
結婚してからのいざという時用貯金です。
いざという時に使ったりもしました。その時は本当に助かりました。

それは今でも続いていて、いつの日かマイホームに充てる資金用貯金に変化しました。
毎月小額ですがコツコツ・・・

この記事をご覧のあなたは、働いている方だと思うのであまりないと思いますが、貯金なしの生活は何かあった時に本当に困ります。

お金が全てではないと思いますが、生活していくためには必要不可欠です。
その日暮らしになると、心に余裕がなくなってしまいます。
ケンカも増えてしまうかもしれません。
ヤミ金に手を出してしまうかもしれません。

必ずそうなるとは限りませんが、貯金がある事に越した事はありませんよね。
そして子供が生まれると、めっちゃお金かかります。
出産してから大学を卒業するまで、1人平均1640万円(全て公立・国公立に行った場合)の養育費がかかります。

出産後すぐに掛かる費用を大まかにまとめてみると・・・

・出産費用・・・42万円まで助成金がもらえますが、それ以上になる場合は自己負担が発生します。有名なクリニックでの出産や、出産時のトラブルがあった場合の処置料などもあるので、プラスが発生する場合は多いと思います。

・出産後の消耗品・・・オムツ・おしりふき・ミルクなど

・食費・・・離乳食が始まると、食材も気を遣うので何かとかさみます。

・水道代・・・オムツ交換や授乳の時など手を洗う機会も増えますし、お風呂も毎日キレイなお湯で入れてあげたいと思うと、3倍くらいに膨れ上がりました(汗)

・電気代・・・主にエアコンによる電気代がかさみます。夏場、冬場は常にエアコン入れっぱなし状態です。赤ちゃんが快適に感じる室温は20~25度、湿度は60%と言われているので、かなり気を遣いました。お陰でエアコンをつける季節の電気代も3倍です(汗)

これから成長していくにつれて、保育所や幼稚園、小学校・・・とあがるとドドンとまとまった費用が必要にもなって来ます。

その辺りも、頭にいれて事前に対策をしていれば安心です♪

しつこいですが・・・
とにかくお金は何かと掛かります!!!

備えあれば憂いなし。

今からコツコツ準備をしてみてはいかがでしょうか~。

⑩親孝行

9d8cb54fa2b1aaa825db778275d266c4_s

親孝行と一言で言っても、色んな形があると思うんですが、なかなか照れくさくてできない事も多いのではないでしょうか。
親しい人ほど、「ありがとう」という言葉が素直に伝えれなかったりもしますもんね。

私が親孝行しなきゃな~と思ったきっかけは、初めて1人暮らしをし始めた時でした。

家に帰れば電気がついていて、「おかえり~」と言ってもらえ、ご飯がいつでも食べられる状態になっている。
実家にいる時はコレが当たり前でした。

1人暮らしは当たり前ですが、家の事も全て自分でしなければいけません。
結婚したらパートナーの分、子供が生まれたら子供の分もこなさなければいけません。

そんな当たり前だと思っていた事が、毎日忙しいのに毎晩ご飯のメニューを考えてくれていたんだ・・・。
ビシッとキレイにアイロンがけしてくれてたから、気持ち良く洋服や制服を着る事ができたんだ・・・。
とか、たくさんのありがとうに気づかされたんです。

出産した時は、こんなに痛くて痛くて今までに味わった事のない激痛の中、私を健康に生んでくれたお母さんってスゴイ!ありがとう!って思いました。

社会人になってからは、家族のために定年まで働き続けてくれたお父さんは偉大だと思いました。

そんな両親は、病気をして入院する事もありました。
幸い、2人とも命に関わるものではなかったんですが、2人とも70近い立派な高齢者になって来たので、いつ何が起きるかも分かりません。

だから、親孝行はできる時にしようと思ったのです。
相手がいなきゃ孝行できませんしね。

一緒に食事に行ったり、旅行に行ったり、何でも良いと思います。
結婚を間近に控えている人なら、その結婚も親孝行だったりもしますけどね♪

家族との時間をゆっくり取れる今を大切にして、たくさん親孝行をして楽しい思い出を増やしてみてはいかがでしょうか♪

 

幸せな結婚生活を送るために

213f7c52acd991ca431cf1baed114454_s

結婚すると生きる世界が変わります(笑)
子供ができるともっともっと世界が変わります。
今までの常識が非常識にだってなり得ます。
もちろん結婚は幸せな事もたくさんあります。
でもその幸せをもっともっと深く感じれるように、今だからこそできる事をしておきましょう。

そして、結婚するお互いの事をよく理解し合う事が何よりも大切。
いつも感謝し合えるのも仲良しを保つ秘訣です。

後悔のないステキな独身ライフを送って下さいね。

これから待っているあなたのステキな結婚生活を応援しています!


The following two tabs change content below.
のんちゃん
プレイジョブのワクワクママ担当のんちゃんです。 世の中の働く女性とママを笑顔にするのが私の夢です♪

カレンダー

2017年5月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る