記事の詳細


こんにちは、プレイジョブのえみかです。

今回は、初心者向けの、「最低限守りたいパワーポイントでのプレゼン資料作りのあれこれ」をお伝えしたいと思います。

プレゼンの資料を作っても、なんかきれいじゃない。
毎回プレゼン資料を作るのが大変・・・
パワーポイントも使い慣れていないから高度なことは諦めている。

そんなあなたでも大丈夫!

パワーポイントやプレゼン資料作りが初心者の人でも、今すぐ実践できることをお伝えします。
一見当たり前のことと思うかもしれませんが、押さえておけば、見やすいプレゼン資料を作ることができます。

今から紹介するポイントを押さえるだけで・・・

プレゼン資料をきれいに作るコツがつかめる!
毎回のプレゼン資料作りが少し楽になる!&楽しくなる!
パワーポイントも使い慣れてくる!

1つずつからでもぜひ試してみてくださいね♪

では、見ていきましょう!

(※今回は、プレゼンの発表方法などではなく、プレゼンの資料作りにフォーカスしています。)

プレゼンのあれこれ

まずはプレゼン全体のあれこれ。
プレゼン資料を作る上で大切なことについてです。

KISSの法則

1
『KISSの法則』というものがあります。
KISSは、「Keep It Short and Simple」の略で、「短く、シンプルに。」ということ。
「Less is more.(より少ないことは、より豊かなこと)」という言葉もある通り、短く、シンプルが大事なんです。

プレゼンは視聴者がいますよね?もし自分が視聴者で、前に映し出されたスライドに文字がたくさんあったら・・・どう思いますか?
「つまらない」「飽きる」「しんどい」などと思うのではないでしょうか?

KISSの法則、大切にしてくださいね♪

わかりやすいプレゼンとは

2
わかりやすいプレゼンとは、「デザイン80%・構成10%・話し方10%」と言われています。
つまり、作成の段階で90%も決まってしまうんです。
人が情報を受け取るのは、「視覚80%」とも言われています。
プレゼンの見た目であるデザインとプレゼンのわかりやすい流れを作る構成がとても重要なのが分かります。

色のあれこれ

使う色は3色にする

3
使う色は基本的に3色にしましょう。
なぜかというと、色んな色を使いすぎると、見にくいのはもちろん、どこが重要なのかわからなくなったり、プレゼンに統一感がなくなったりするからです。

逆に、色を統一すると、たくさんのメリットがあります。
例えば、プレゼンで紹介するものやサービスのイメージカラーを使って統一感を出して、より商品のイメージが沸くようにすることができたり、色を限定することで、どこが重要かがわかったり、伝えたいことをわかりやすく伝えることができたり、もちろん、きれいな資料になる、などです。

図にあるように、主に文章などに使うベースカラーを70%、そのプレゼンのメインになる、見出しやボックス、強調したい部分などに使うメインカラーを25%、メインカラーよりも注目してほしいところ、特に強調したいところに使うアクセントカラーを5%の割合で使います。

色の特性を活かす

4
日常の中にも溢れている色。
色から連想できるイメージってありますよね?
そのイメージを上手く活用することで、プレゼンの中でも伝えたいことをより伝えることができます。
例えば、赤は停止・禁止・誤り・高温などの表現、黄は緊張・注意などの表現、緑は安全・許可などの表現、青は集中・失望・低温などの表現があげられます。

フォントのあれこれ

フォントを統一する

5
図で一目瞭然だと思うのですが、フォントが統一していないと、気持ち悪いですよね?
同じプレゼンの中では、同じフォントを使うようにしましょう!
おすすめは「メイリオ」「ゴシック」です。
理由は、簡単に言うと、はっきりしていてわかりやすく、見やすいからです!

フォントによる印象を考える

6
フォントによって印象って違いますよね?
固い印象になったり、柔らかい印象になったり、色んな表現ができます。

でも、気をつけるポイントもあります!

例えば、「明朝体」だと、和風な雰囲気になったり、固いイメージになったりするし、そもそもフォント自体のインパクトが強いですよね。
そうすると、フォントの雰囲気がせっかく伝えたい情報を邪魔してしますこともあるんです!

なので、おすすめは、「メイリオ」や「ゴシック体」です。
特に「メイリオ」は、互換性もあるので、どのパソコンで表示しても崩れることも少ないので便利です。もちろん私も愛用しています♪

和文と欧文でフォントを使い分ける

7
和文と欧文でフォントを使い分けましょう!
和文は「メイリオ」、欧文は「Segoe UI」を使うといいです。
なぜなら、「メイリオ」は、太字にした時にしっかりと太字になってくれるので、普通の字と太字の区別がわかりやすいからです。
また、アルファベットはフォントによって、一文字一文字の大きさが変わるのですが、「Segoe UI」は、一文字一文字の大きさに差が少ないので使いやすいです。

メイリオ18pt以上にする

8
プレゼンの資料での文字は「メイリオ18pt以上」がおすすめです。
普通の文書とは違い、プレゼンでは、18pt以下だと、小さくて見にくいです。

また、プロジェクターで発表する時などは、24pt以上にするなどの工夫をするのもGood!

文字・文章のあれこれ

1スライド1メッセージ

9
1スライド、1メッセージ。
1つのスライドに、たくさんの情報を詰め込みすぎないようにしましょう。
一番最初に伝えた、KISSの法則、覚えていますか?
1つのスライドに情報を詰め込みすぎると、視聴者は聞く気をなくすし、見ていてしんどくなります。
スライドには情報をシンプルにしたものを書いて、それ以外の情報は、話したり、資料にして配布するなどの工夫をしましょう♪

箇条書きですっきりわかりやすく

10
プレゼンの資料は視聴者に見せるものですよね。
なのに、読みにくいスライドではプレゼンを聞く気も失せてしまいます。
こんな時便利なのが箇条書き。
箇条書きはすっきりしていてわかりやすいです!

ここでのポイントは、せっかく箇条書きにしたのに、・の後ろが文章になっていてわかりにくくするのではなく、・の後ろは簡潔に、体言止めで書きましょう!
そうすることで、見やすく、わかりやすいスライドにすることができます。

行間を1.5ptに広げる

11
文章と文章の間の行間について考えたことはありますか?
文章がつめつめだと、なんだか見にくくて、わかりにくくなってしまうことが多いです。
ましてや、小さい文字で長い文章を改行なし&行間つめつめで書いてしまうと、プレゼンでは本当に見にくいです。
そこでポイントなのが、行間を1.5ptにすること。
行間は、ツールバーのホームのところで変更することができます。

わかりやすいところで改行する

12
プレゼンの資料に限らず、改行で文章の見やすさって変わりますよね!
ボックス(枠)の中だけでなく、箇条書きをした時にも改行の工夫が必要です。
視聴者が見ていてわかりやすい区切りで改行するようにしましょう♪

同じ情報をまとめる

13
スライドの中で情報がバラバラに配置されていると、とても見にくいです。
例えば、左の図は、見出しと文章の間が全部等間隔ですよね。一見見やすいようにも思いますが、右の図のように見出しとそれに関する文章を近づけると、同じ情報が固まってわかりやすくなりますよね!
また、左の図では、見出し①に関する写真も見出し②に関する写真も最下部にあって、どちらが何を表している写真なのか、あいまいですよね。しかし、右の図のように、見出しや文章の近くに配置させることで、一目でどのことを表しているのかがわかりやすいです。
さらに、右の図のように、同じ情報を枠でくくったりしてあげると、よりまとまった感じがしてわかりやすくなります♪

デザインのあれこれ

余白を確保する

14
図からもわかるように、スライドの中で余白がないと、ごちゃごちゃした印象を与えてしまいますし、なにより、見にくいです。
文章と文章のかたまりの間、図と図の間、スライドの端からコンテンツまでの間の余白を確保しましょう!

統一性を持たせる

15
プレゼンの資料の中で統一性を持たせましょう!
色使いや使う画像の種類やテイスト、配列の仕方などがバラバラだと、統一感がないプレゼンになってしまいます。
統一性があると、見ていても違和感がないし、違和感がないということは、情報を伝える時の邪魔がなくて、スムーズに伝わるというメリットにもつながります。

色は、色のあれこれでも説明した、ベースカラー、メインカラー、アクセントカラーの使い方を守ると、統一感が出ます。
画像は、イラストでそろえるのか、写真でそろえるのか、イラストや写真の中でも種類やテイストをそろえると、統一感が出ます。
配列は、さっきのスライドでは、例えば、「見出しが左寄りなのに、今のスライドは見出しが真ん中だ!」というようなことがないように、前のプレゼンと、見出しなどの端っこをそろえるようにしましょう!そうすることで、スライドがスムーズに流れて見やすく、統一感もでます。

背景と文字の見やすさを考える

16
図でも一目瞭然ですが、文字が見やすい背景の配慮も必要です。
基本的には背景が白地に文字が黒色がおすすめです。
特に、プロジェクターで発表する際、部屋が暗くなる場合が多いので、その状況での発表になりそう!という時は背景を白色にすることではっきり見やすくなります♪

さいごに

いかがだったでしょうか?
今回は複雑なことは含まずに、最低限守っておきたいことを記事にしてみました!
実践できそうなことから少しずつ実践していくのもいいかもしれませんね♪
少しでもプレゼンの資料作りが楽しくワクワクするものになっていただけると嬉しいです。
今回の内容よりももう少し発展した内容のものも記事にしていきたいと思っています~

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
 


The following two tabs change content below.
えみか
プレイジョブのえみかです! 世の中の女性に希望を与えれる人になるため、日々積極的に挑戦して顔晴っています!^^

カレンダー

2017年5月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る